HOME>アーカイブ>歯並びを治療するにはさまざまな方法があります

歯並びに悩みを抱えている人への朗報

診療室

歯並びにコンプレックスや悩みを抱えている人は、実に多く存在します。八重歯がコンプレックスであったり、出っ歯が悩みである人、噛み合わせに問題がある人も少なくありません。こうした歯並びの悪さを治療、改善するには10歳ぐらいまでに矯正歯科治療しておくか、抜歯してさし歯やインプラントにする方法しかないと諦めている人も多いことでしょう。しかし抜歯やインプラント以外に、大人になってからも矯正歯科治療をしてコンプレックスを払拭することが可能です。東京には大人を対象にした専門の矯正歯科クリニックが存在します。こうしたクリニックの門を叩き、一度歯科医に相談してみるとよいでしょう。

大人の治療の方法や仕組み

歯科治療

矯正歯科治療というと歯の表面にワイヤーを装着する治療方法が有名です。しかし大人になってから治療するにあたり歯の表面にワイヤーが見えるのは仕事上などで不都合なことも多いものです。しかし東京の矯正歯科クリニックでは、こうした問題点を解消し大人でも治療を受けやすいように、さまざまな治療方法が確立されています。その代表的な治療法の一つに透明のマウスピースを用いるインビザライン治療があります。透明のマウスピースなので見た目には治療していることがわからない仕組みになっており大人でも安心して治療することができます。マウスピースの着脱は自分でできるので食事の時は取り外して食事を楽しむことができるのも魅力です。

大人で歯並びに悩んでいる方に朗報です

女性

大人でも歯並びに問題を抱え、コンプレックスに感じている方も多いものです。しかし大人であるから治療できないというものではなく、東京の矯正歯科クリニックでは大人のライフスタイルにあわせた治療法も確立されています。その代表的な治療法の一つに、透明のマウスピースを用いて治療するインビザライン矯正というものがあります。透明のマウスピースを用いて治療するので、見た目では矯正治療をしていることがわからない仕組みになっています。

広告募集中